新型iPhoneキターッ!!アップル、大きめiPhoneを2パターン開発中?4.7/5.5インチが来年秋発売と報道

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/13 15:30:26
★アップル、大きめiPhoneを2パターン開発中? 4.7/5.5インチが来年秋発売とBloomberg報道

いよいよ来年、iPhoneが大きくなる?

アップルの新製品の噂はいつだって絶えません。一部のものは実際に発売されますが、たいていは夢のまま終わります。
そんな中でも、大きめサイズのiPhoneの噂は何度も繰り返し流れています。そして今回はBloombergから「大きめiPhoneが
2種類、来年秋の発売に向けてアップル本社で準備中」という説が伝わってきました。

Bloombergの情報は、まだ初期なのでもやっとしてるところもありますが、以下3つのポイントにまとめられます。

アップルが開発中の新iPhoneには2つのモデルがあるそうです。ひとつは4.7インチ、もうひとつは5.5インチ。どちらも、
現行のiPhone5/5c/5sの4インチディスプレイよりは大きいですが、Android端末では4.7インチがだんだん標準になってきています。
5.5インチモデルに関してはいわゆるフォン+タブレット、「ファブレット」になると思われます。

これら新iPhoneには「エッジが下向きにカーブしたガラス」が使われます。カーブガラスが使われるとすれば、あとは程度の問題です。
Lumia 800みたいなさりげないスロープなのか、Galaxy Roundみたいなカーブを前面に出したものなのかってことです。前者の方が、
作りやすさとかコストという意味で可能性が高いと思われます。

アップルはいろいろなレベルの圧力を検知できるセンサーの強化にも取り組んでいます。これは来年のiPhoneで使える状態になっている
とは予想されていませんが、2015年には目玉機能になりそうです。多分これはゲームとかアート、教育系ではいろんな展開がありそうです。
特にファブレットと組み合わせるなら、なおさらです。

ネタ元がBloombergだし、この情報を信じない理由は全くありません。とはいえ、Bloombergを信用しつつ、これらの機能が来年、または
いつかのiPhoneに搭載されるかどうかについては疑問を持ったっていいはずです。(以下略)

GIZMODO
http://news.livedoor.com/article/detail/8245026/
Bloomberg
http://www.bloomberg.com/news/2013-11-10/apple-said-developing-curved-iphone-screens-enhanced-sensors.html


引用元: 【IT】アップル、大きめiPhoneを2パターン開発中? 4.7/5.5インチが来年秋発売とBloomberg報道

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です